債務整理

「債務整理」とは何ですか?

「債務整理」とは何ですか?

債務整理とは、簡単に言えば弁護士や司法書士といった専門家が借金問題を解決する法律手段です。

大きく分けて、任意整理、個人再生、自己破産といった3つの方法があります。

また、裁判所を利用した特定調停というのもあります。

さらに、厳密には「債務整理」ではないのですが、過払い金返還請求というものもありますので、簡単ではありますが、この機会に説明したいと思います。

1.「任意整理」とは

任意整理は、債権者と個別に話し合いをすることによって、借金の返済額や利息などを見直し、債権者と今後の返済計画について合意(和解)する手続です。

弁護士が依頼者(債務者)の方の代理人となって、依頼者(債務者)が支払える範囲内で、毎月の返済額について債権者と交渉します。

債権者と個別の話し合いをして合意(和解)するという点では、自己破産、個人再生の手続とは大きく異なります。

「現状の返済額は厳しいけれども、安定した収入があるので、きちんと借金を支払っていきたい」と考えている方に向いていると言えます。

100万円、200万円といった何百万円単位の負債額だと、毎月きちんと返済しても、返済額のほとんどが利息に充当されなかなか元金が減りません。

この利息をカットして、3~5年間の長期分割払いにすることで毎月の返済負担を減らし、借金問題を解決に導きます。

合意(和解)で決められた返済額をきちんと払い続ければ、3年後、4年後、5年後には完済で、ゴールが確実に見えてきます。

2.「個人再生」とは

個人再生とは、簡単に言えば資産処分をせずに(自己破産と異なるところです)、借金をある程度減らしてもらい、その借金を原則3年間(最長5年間)で返済していく手続です。

どのくらい借金が減るかというと、負債額によって以下のように区分されています。

  • 負債額100万円未満の場合:その全額を返済
  • 負債額100万円以上500万円未満の場合:100万円を返済
  • 500万円以上1500万円未満の場合:負債額の5分の1を返済
  • 1500万円以上3000万円未満の場合:300万円を返済
  • 3000万円を超え5000万円以下の場合:負債額の10分の1を返済

個人再生の一番のメリットは、ご自宅を手放さなくてよいという点です。

住宅資金特別条項」というものがあり、「住宅ローン特則」とも呼ばれています。

住宅ローンについて特別の定めをした再生計画が裁判所で認められると、住宅ローン以外の債務については上記区分でみた負債を返済し、住宅ローンは今までどおり支払いをします。

住宅ローン以外の返済の負担が軽くなりますので、住宅ローンの支払いも楽になるはずです。

3.「自己破産」とは

自己破産とは、自分の収入や財産では借金を支払うことができなくなった場合(「支払い不能」といいます)に、借金をゼロ(「免責」といいます)にしてもらう手続のことです。

然るべき手続きをとれば、最終的には借金はゼロになるのですが、借金をゼロにするためにはそれなりの責任を果たさなければなりません。

まず、ある程度の財産を処分し、少しでもお金に換えて債権者への返済(「配当」といいます)をしなければなりません。

そして残った借金をゼロにしてよいのか(「免責」にしてよいのか)、という判断が必要になります。借り入れ原因によっては「免責不許可事由」といって、借金をゼロにしてもらえないこともあります。

自己破産をすることで借金が全て帳消しになれば、

  • 借金の悩みから解放されるので、これからは仕事や家事に専念できる。
  • 「会社や家族に借金が発覚してしまうのではないか?」といった不安から解放される。
  • 今後の将来に向けて、これからはじっくり貯金のことを考えることができる。

といったように、これまでの借金のことで頭を悩ませていた生活状況が劇的に変わります。

4.「特定調停」とは

特定調停とは、借主がご自分で簡易裁判所に申し立てをして、簡易裁判所にて借金返済方法を話し合う手続きです。

弁護士や司法書士といった専門家にお願いをせず、ご自分で簡易裁判所という機関を利用して借金返済方法を話し合う、といった点で先ほどの3つの借金返済方法とは大きく異なる借金返済方法です。

大まかな手続きの流れとしては、まず業者から取引履歴を開示してもらい、利息制限法の上限金利に引き直し計算をして、最終的な借入額を確定します。

そしてその借入額を返済できるよう、簡易裁判所が貸金業者と借主の間を取り持ち、貸金業者と借主との間で合意ができるよう、双方に働きかけます。

その結果、分割での借金の返済の合意ができれば、今後はその合意に従って借金を返済していきます。

特定調停では、任意整理と同様に、債権者からこれまでの取引履歴を開示してもらい、借金をした当初にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)による引き直し計算をします。

引き直し計算によって減額された元本をもとに分割して返済していくことになります。

5.「過払い金」とは

過払い金とは、消費者金融・クレジットカード会社からの借入期間が5年以上あり、利息制限法の上限(金利18%以上)を超えて払いすぎていた利息の事で、その払い過ぎた利息を返してください、というのが過払い金の返還請求です。

借金問題を解決するわけではないので、厳密にいれば「債務整理」とは言えませんが、借金の相談に来る方は、過去に借入をしていたが完済して今は借入はしていないという方も少なくありません。

過払い金としてまとまったお金が戻ってくれば、借金の返済に回すことができます。

相談時には「破産しか選択肢がないか・・・」といった方でも、過払い金で全額返済できて破産せずに済んだ、という方もいらっしゃいます。

債務整理の相談に来た方に「過去に借入をしていたが完済して今は借入はしていないというところはありませんか」と必ず質問するようにしています。

6.まとめ

以上、債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)についての説明でした。

次回は任意整理について、手続きの概略、メリット・デメリット、解決事例等を掘り下げて説明する予定です。

泉総合法律事務所では、借金に関する相談を無料でお受けしていますので、この機会に無料相談をご利用ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ