債務整理

柏市周辺で債務整理を検討中の方へ|任意整理のメリット、デメリット

柏市周辺で債務整理を検討中の方へ-任意整理のメリット、デメリット

任意整理とは、裁判手続きを利用せず、弁護士や司法書士といった専門家が債務者の代理人となって、各債権者との間の個別交渉により、借金額を確定し、今後3年から5年程度の長期分割で借金の返済を合意(和解)する手続きです。

詳細はこの後で説明しますが、利息を免除してもらったり、長期分割での返済を認めてもらったりすることで、債務者の経済的自立を促すことを目的とした手続きです。

1.相談から完済まで

どのような流れで手続きは進みますか?

法律事務所や司法書士事務所によって、その流れは異なりますが、概ね以下のような流れです。

①相談予約

まずはご任意整理を取り扱っている法律事務所や司法書士事務所にご相談のお問合せをすることが第一歩です。

事前のヒアリングで、いつ、どこから、いくら借りて、今現在残高はいくら残っているのかという程度のことは最低限質問されますので、事前に準備しておくとよいでしょう。

②相談当日

事前のヒアリングをもとに弁護士、司法書士がさらに詳細なヒアリングをします。

そして、任意整理の場合は今後も返済をしていく手続きですので、

  1. 今後の返済見通し額はいくらになるのか
  2. その返済が可能か

といったところがポイントになります。

「その今後の返済が可能か」といったことを判断するために、家計の状況(家計簿)についてもヒアリングをすることもあります。

③契約

その結果、任意整理の見通しが立つのであれば、ご契約といった流れになり、委任契約書、重要事項説明書、委任状等といった必要書類の取り交わしを行います。

④受任通知

依頼を受けた弁護士や司法書士が最初にすることは、各債権者への受任通知の発送です。

貸金業者は弁護士や司法書士から受任通知を受け取ったら、債務者に対して電話や訪問での取り立てが禁止されます(貸金業法21条1項9号)。

受任通知を送ることによって、債権者からの取り立てを開放することができるので、初動としてこの受任通知を早急に出すことが極めて重要となります。

⑤借金の調査(借金額の確定)

債務の存否及び金額を確定するためには、借入当初からの借り入れ及び返済の日付・金額が書かれた取引履歴を開示してもらいます。

また、必要に応じて利息制限法所定の制限利率に引き直して計算を行います。

これによって、借金額を確定します。

⑥家計調査

場合によっては同時並行で家計簿の提出をしてもらうこともあります。

任意整理は今後3年~5年にかけて返済をする手続きで、返済するだけの資力が必要です。

家計簿をつけてもらう等、家計の把握が必要となることもあります。

⑦和解交渉

債権者によって対応はまちまちで、3年の短期分割しか認めないところもあれば、5年までの長期分割を認めてくれるところもあります。

経過利息や遅延損害金を請求するところもあれば、免除してくれるところもあります。

交渉にあたる弁護士や司法書士としては、依頼者(債務者)の資力を加味し、長期分割、利息をカットしてもらえるよう交渉します。

⑥和解成立

まずは口頭で確認し、最終的には書面で合意します。

⑧支払い完了

弁済計画通りに返済し、完了となります。

2.任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリットは、自己破産とメリット・デメリット裏表の関係にありますので、自己破産と比較して任意整理のメリット・デメリットを見ていきます。

(1) メリット

自己破産の場合には資産を換価(処分)してお金に換えて、債権者への配当に充てなければなりません。

また、手続き中は一定の資格制限を受け、就けない仕事があります。

さらに債権者を平等に扱わなければいけませんので、どこかの借入先、例えば勤務先、友人や知人といった特定の借入先を除いて自己破産をすることはできません。

これに対して任意整理の場合、資産の換価(処分)は不要で、資格制限もなく就けない仕事があるわけではありません。

また、任意整理を行う債権者を取捨選択できますので、勤務先、友人や知人といった特定の借入先は除外して、銀行系のカードローンや消費者金融だけを任意整理することができます。

(2) デメリット

自己破産は法律上の手続きですので、法律の要件に従えば最終的に「免責」といって借金が0になります。

これに対して任意整理の場合、債権者との個別の合意(和解)が必要になりますので、支払回数がどのくらいまでの長期分割を認めてくれるか、経過利息・遅延損害金・将来利息を免除してくれるか等は各債権者でまちまちです。

これらの点で債権者と合意(和解)できないと、交渉決裂になってしまいます。

3.解決事例

神奈川県在住、50代、男性、Aさんのケース

上場企業に勤め、高収入です。しかし、住宅ローンや子どもの教育費が嵩み、借金が増加しました。

返済は順調で特段問題はなかったものの、某クレジット会社から一括請求が来てしまい、この一括請求を何とか分割にできないか、といった背景でご相談に見えました。

某クレジット会社のクレジットカードを利用している方から、今までの何度かご相談、ご依頼を受けていた実績ありましたので、おそらくAさんのケースも分割交渉が可能であろうという方針を立て、ご依頼を受けました。

当初の方針通り、某クレジット会社との分割での合意ができました。

東京都在住、40代、女性、Bさんのケース

夫と共働きの兼業主婦で、夫の収入だけではやりくりできず、他方主婦としての見栄もあり家計赤字であることを夫に言えず、借金をして生活費不足を補うようになり、ご相談に見えました。

共働きということもあり、世帯収入としては比較的余裕がある方でした。

借入金額、返済額の大きいものに取捨選択して、任意整理を行うといった方針のもと、ご依頼を受けました。

5年(60回)の長期分割の和解ができ、月返済額の負担は軽減され、家計を立て直すことができました。

任意整理の場合は介入業者の選別できるので、相談時には一社ずつ計算機をたたきながら、「この業者は返済額が減るので、介入メリットあり」「この業者は介入してしまうとかえって月返済額増えてしまう」と介入業者を選別しました。

具体的数字(返済額)を示すことによって、依頼者も安心できたのではないでしょうか。

東京都在住、30代、男性、Cさんのケース

妻に内緒で某消費者金融、某銀行系カードローンで遊興費の借金をしてしまった方で、利率が高く返済してもなかなか元金が減らない、妻には内緒で手続き進めたいといった背景があり、ご相談に見えました。

消費者金融はもとより、銀行系カードローンといっても15%程度の高金利です。任意整理であれば将来利息はカットで元金のみ返済が可能だとの方針を立てました。

また、自己破産や個人再生の場合、妻に知れてしまうリスクもありますが、任意整理ではそのリスクは一番低いということで、ご依頼を受けました。

当初の方針通り、将来利息はカットしてもらい、合意(和解)が出来ました。もちろん奥様に知れることもありませんでした。

このまま放置していればいずれ自転車操業で借金は増えてしまい、任意整理は困難で自己破産になっていたかも知れません。早めのご相談、ご依頼で事なきを得た事例です。

4.まとめ

以上、簡単ではありますが任意整理についてのご説明でした。

特に後半の「解決事例」では、あなたのケースと似たような「解決事例」はありましたか。

泉総合法律事務所柏市店は実績多数で、ご紹介した「解決事例」はほんの一例です。

債務整理に関するご相談は無料で承っておりますので、柏市、松戸市、我孫子市、流山市、野田市、常磐線・野田線沿線にお住まい、お勤めの方は、この機会に是非お問い合わせ下さい。

無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ