刑事事件 [事例2]

泥酔状態で通行人にぶつかり、暴行罪で逮捕⇒示談成立、不起訴処分

20代男性
罪名結果
暴行 示談成立、不起訴処分

背景

深夜、Aさんは泥酔状態で道を歩いていたところ、酔っぱらって気が大きくなっていたこともあり、抱きつくように通行人にぶつかってしまいました。その後Aさんは、暴行罪で逮捕されてしまいました。
警察へ連行されたAさんは、酔っぱらっていたため、そのまま保護されました。一夜明け、釈放されましたが、「前科が付いてしまうのではないか?」との不安に駆られたAさんは、被害者との示談交渉をお願いしたいとのことで、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

ご依頼後、すぐに被害者に連絡を取りました。日を改めて被害者と会い、示談金額を提示したところ、被害者はその金額に対して難色を示しました。しかし、「経済な事情により、それ以上の金額を用意することはできない」と、諦めることなく何度も説明した結果、被害者はその金額で納得し、示談に応じてくれました。

結果

事件から4日後には、被害者との示談が成立しました。
また、その示談結果を検察官に報告し、その結果、Aさんは不起訴処分となりました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ