刑事事件 [事例16]

女性に痴漢をして被害者に警察へ連行された→不起訴処分

20代男性
罪名結果
痴漢 不起訴

背景

公共の場所で痴漢行為を行ったAさんは、被害者につかまれ、警察に引き渡されてしまいました。

Aさんは逮捕されることはありませんでしたが、警察や検察庁に呼ばれて在宅で取り調べを受けることになりました。

Aさんご本人が当事務所に相談に来られ、弁護のご依頼がありました。Aさんは、被害者と示談をして起訴されないようにしたいと話していました。

対応

ご依頼を受けた後、早速、担当警察官に依頼して被害者の連絡先を教えてもらい、被害者との示談交渉を開始しました。

被害者の方の処罰感情は強く、何度も直接会い、または電話をして交渉を重ねました。

被害者はAさんが再犯をするのではないかと心配をしていたため、再犯をしないことを理解していただけるよう、Aさんのご両親による監督の状況や、Aさんが性犯罪に関する治療を医療機関で受けていることなどをご説明しました。

結果

それらの交渉を行った結果、最終的に、示談金を支払うことで合意し、示談が成立しました。示談書を担当検察官に送付したところ、Aさんは不起訴処分となりました。

今回の事件では、被害者が強い処罰感情を持っていた上に、Aさんが再犯をすることを強く懸念していたため、Aさんのご両親に厳しく監督していただき、監督の状況をご報告いただいたり、Aさんに医療機関に通い、性犯罪に関する治療を受けていただいたりしました。

それらの具体的な行動が最終的に被害者の心境の変化をもたらし、示談の成立に結びつきました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ