刑事事件 [事例1]

電車内で痴漢行為⇒謝罪文の提出や贖罪寄付の結果、不起訴処分

40代男性
罪名結果
神奈川県迷惑防止条例違反(痴漢) 不起訴処分

背景

Aさんは電車に乗車中、被害女性のお尻に手が触れてしまい、そのまま警察に逮捕されました。当初Aさんは犯行を否認していましたが、すぐに犯行を認めたこともあり、釈放されました。
Aさんは被害者との示談交渉をお願いしたいとのことで、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

ご依頼後、まずは被害者宛てに謝罪文を作成してもらうよう、Aさんにお願いしました。合わせて、示談交渉に必要な示談金の準備もお願いしました。
その後、被害者と連絡を取ろうと試みましたが、被害女性が未成年であったため、被害者の法定代理人であるご両親が示談相手となりました。しかし、そのご両親らの被害感情が非常に激しく、被害者の連絡先を入手することができませんでした。
そこで、示談金として準備した金銭を神奈川県弁護士会に贖罪寄付することにしました。
その後、被害者へ宛てた謝罪文、および贖罪寄付の事実を検察官に報告し、Aさんの反省の様子をアピールしました。

結果

結果、Aさんは不起訴処分となり、安堵の表情を浮かべていらっしゃいました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ