債務整理 [事例6]

住宅ローン支払未了で競売寸前⇒個人再生にて借金の大幅減額に成功

40代男性
債務整理方法借金総額毎月の返済額
個人再生 998万円 ⇒ 200万円に減額 6万円 ⇒ 3万2000円

背景

Aさんは会社を経営しており、その会社名義で借入れた約800万円の保証人になっていました。しかし、不景気のため売上が上がらず、Aさんの役員報酬もままならない状態でした。そのため、住宅ローン支払なども遅れている状態でした。
そのような中、起死回生を狙ってFX投資を始めましたが、利益はほとんど出ず、借金を増やすだけの結果でした。
借金総額が900万円以上になり、今後の生活に強い不安を覚えたAさんは、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

すでに住宅ローン支払いをストップしていたため、自宅が競売寸前の状態でした。
しかし、Aさんのご希望は「可能であれば自宅を残したい」とのことでしたので、個人再生手続で受任しました。
ご依頼後、急いで住宅ローン債権者に対して、住宅ローンの延滞解消や将来的な支払計画について協議申入れをして、意見の擦り合わせを行いました。結果、これまでよりも住宅ローンの返済額はアップしたものの、Aさんにとって十分支払が可能な金額になりました。

結果

個人再生手続にて裁判所へ申立て、認可決定が下りました。
その結果、900万円以上あったAさん名義の借金は、約200万円までに減額され、毎月の返済額6万円も3万2千円に減額されました。また、ご自宅も売却せずに済みました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ