交通事故 [事例14]

後遺障害14級に認定され、賠償金340万円を獲得

40代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫、末梢神経障害等 340万円を獲得

背景

渋滞のため停止していたところ、後続の加害者に追突された事故です。Aさんは相手方保険会社から一括打切りの通知が来たことから、今後の対応を相談・依頼を希望され当事務所に来所されました。

対応

Aさんの通院期間が約11カ月と期間が長かったことから、慰謝料算出の通院期間で加害者側との間で見解の相違が生じました。

交渉によって、一部、加害者側の見解を受入れ、治療の全期間を基準にすると慰謝料が赤本8割弱としたものの、後遺傷害慰謝料についてはは赤本満額として示談解決とすることができました。

結果

症状固定後、後遺障害申請を行ったところ14級9号に認定され、賠償金340万円の支払いを受けることができました。

交渉では、妥協できるところは妥協したうえで、主張できるところを粘り強く主張するメリハリのある交渉により早期に解決することができます。賠償金の交渉については、専門家である弁護士にお任せください。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ