不倫慰謝料

柏市で内容証明が届いた!不倫慰謝料に強い弁護士に相談するメリット

柏市で内容証明が届いた!不倫慰謝料に強い弁護士に相談するメリット

泉総合法律事務所は、不倫慰謝料問題解決に数多くの実績を有する弁護士事務所で、柏市にも支店を展開しております。

当事務所は、不倫慰謝料の示談交渉や回収に実績を有しており、不倫をしてしまい、交際相手の妻(夫)から不倫慰謝料を請求されてお困りの方からのご相談も数多く承っております。

この記事では、柏市で不倫慰謝料に強い弁護士に相談すべき理由を説明します。お悩みの方の問題解決の一助になれば幸いです。

1.不倫慰謝料請求の内容証明が届いたら

相手が既婚者と知りながら肉体関係におちいってしまい、不倫はバレないだろうと思っていたら、突然交際相手の配偶者から「不倫は不法行為です、不倫慰謝料を請求します」という内容証明が送付されることがあります。

内容証明の書式は独特ですし、見慣れない法律用語で記載されているので驚き慌ててしまうと思いますが、まずは一旦落ち着いて、弁護士に相談してみることをおすすめします。

泉総合法律事務所をはじめとして、不倫慰謝料分野に詳しい弁護士に相談することには、不倫慰謝料の金額を正当な額まで下げるためにも非常にメリットがあるからです。

2.不倫慰謝料に詳しい弁護士の探し方

弁護士にはそれぞれ専門分野、強い分野があることをご存知でしょうか。

司法試験に受かって弁護士登録をし、いざ実務の分野にでるときに、それぞれどのような分野を中心にしていくかある程度絞っていきます。

例えば、不倫や離婚などを専門にしている弁護士もいますし、企業法務を中心にしている弁護士もいます。法律の基礎知識はあるので、それぞれ自分の分野以外であってもある程度対応可能ですが、なんといっても大切なものは実務経験の有無です。

机上で学ぶことと、実際に依頼人から具体的なケースを聞いて対応することとは全く別物です。そのため、不倫慰謝料の示談交渉や裁判の代理人として実際に事例を経験していること、また、事例数が多く、その分野の裁判例に精通している弁護士を選ぶことがポイントです。

弁護士のほうでも、得意分野についてはウェブサイトに実績数とともに掲載していることが多いので、インターネット検索でもある程度目星をつけることができるはずです。

3.弁護士に依頼するメリット

(1) 不倫慰謝料支払いの必要性を検討してくれる

不倫慰謝料に精通している弁護士に期待できることのひとつとして、まず、本当にご自身が不倫慰謝料を支払わなければいけないのかを見定めてもらえるということがあります。

例えば、既婚者であることが巧妙に隠されていた場合、何らかのパワーがある相手から心理的か肉体的に強要を受けた場合、不倫になる前から夫婦の関係が完全に破綻していて不倫関係が夫婦関係を壊したという因果関係にならない場合は、必ずしも不倫慰謝料を支払わなくてよいのです。

そういったことを主張できるのか、ゼロベースからきちんと考えてもらうことが期待できます。

(2) 慰謝料の適正な金額を見極めてもらえる

不倫慰謝料には法律で決められた一定の金額や算定式はないので、当事者が合意した金額が慰謝料となります。

請求してくる側の立場からすると、不倫への怒りもありなるべく高く慰謝料をとりたいと考えて、高額で請求してくることもありえます。

しかし、裁判上で認められてきた相場がありますので、相場から著しく外れた金額を支払うという必要はないのです。

不倫慰謝料の相場としては50万円~300万円ですが、不倫の結果夫婦が離婚することになった場合は、100万円~であることが通常で、離婚しない場合は50万円程度になることが多いです。そこから大きくはずれた高額な慰謝料であれば、ご自身が積極的に支払ってお詫びしたいと考えている場合は除き、安易に応じる必要はありません。

依頼する弁護士に相談しつつ、相場以下の金額でどの程度なら妥当なのかを相談してみましょう。

不倫慰謝料の示談交渉がまとまらなければ、最終的には裁判官の判断をあおぐことになりますが、仮にそうなった場合でも弁護士のスキルが期待されます。

このように、弁護士に依頼すればどの程度の金額をいつまでに支払うのが妥当なのかを検討してもらえます。

(3) 交渉を任せることで精神的ストレスが軽減する

不倫慰謝料問題を依頼人の不利にならないように解決するためには、上で述べてきたように、不倫慰謝料額を見極める能力と同時に、それを相手に納得させてイエスを引き出すための対人折衝力としての交渉力も必要になります。

相手を怒らせず、かつ早く問題解決をしようという気にさせるには、高度な交渉テクニックが必要です。

不倫慰謝料交渉を当事者で行うと余計に問題がこじれがちという理由は、不倫問題は当事者の感情が入りがちで、冷静に判断しづらいということがあります。男女問題は理屈ではなく様々な感情が渦巻きがちですので、論点がずれたりして、なかなか解決に至らないことがあるのです。

しかし、交渉スキルに長けた弁護士であれば、冷静かつ客観的に解決に向けた交渉ができることが多いです。

弁護士というと理屈っぽいという印象を受けるかもしれませんが、人間力や相手の感情を逆なでしないという折衝力は大切なポイントになります。こういった交渉スキルは数多くの交渉を体験していくなかで自然に培われていくものですので、数多くの示談交渉をまとめてきた実績のある弁護士に交渉をお願いできることは大きなメリットになります。

また、弁護士に交渉をお願いすることで、多かれ少なかれ自分にたいして強い怒りを覚えている相手方配偶者と直接対峙しなければいけない精神的ストレス軽減されます。

(4) 離婚問題についてもアドバイスしてもらえる

不倫慰謝料を請求する被害者配偶者側が離婚を望んでいるかどうかも、経験値をつんだ弁護士であれば、内容証明の内容からある程度推測することができます。

離婚するかどうかで慰謝料の相場は数十万円単位で変わりますし、離婚する場合は、財産分与はどうするか、子供の親権・面会交流権はどうするかなど、更に複雑な条件交渉になります。

不倫問題について詳しい弁護士は、離婚問題にも精通していますので、それらすべての状況を見据えて、不倫慰謝料も全体の構造の中でどう交渉していくのがベストなのかをアドバイスすることができます。

4.弁護士に相談するタイミング

不倫慰謝料について内容証明を受取った側であるならば、即弁護士に相談することがおすすめです。初回のレスポンスを間違ってしまい問題を複雑化させた後だと当然解決が遅くなりますので、まずは相談してみましょう。

相談の際に、交際相手から聞いている夫婦の状況(たとえば不倫前の夫婦の関係が良好であったのか、不倫発覚後に離婚別居しているかなど)、相手の結婚生活がどのくらい長かったのか、夫婦の経済状況、子供の有無、年齢などの事情、自分が認識している交際の状況(不倫関係のリードがどちらだったのか、お互いの年齢、経済力など)をまとめておき、伝えるとスムーズです。

これらの要素は、不倫慰謝料の妥当性を決めるときの大切な情報になります。 

示談交渉がうまくいかなかった場合は、家庭裁判所に夫婦の一方が夫婦関係調整調停を申し立て、調停委員が間にたって合意によって解決できないか話し合います。

これでも合意に至らなければ、調停不成立となり、家庭裁判所の離婚訴訟で解決をはかるということになります。

家庭裁判所がどこになるかは、申し立てを受ける相手方の住所によります。相手方が千葉県柏市在住の場合は、千葉家庭裁判所松戸支部(千葉県松戸市岩瀬無番地、JR常磐線松戸駅から徒歩7分)が管轄となります。

弁護士に早期に相談しておけば、示談交渉、調停、裁判の全ての段階でスムーズにサポートを受けることができます。

5.不倫慰謝料問題は泉総合法律事務所へご相談を

不倫慰謝料問題は、感情のもつれもあり、当事者にとっては非常にストレスがかかるものです。

しかし、不倫問題に詳しい弁護士に相談していただければ、問題解決に向けて全力でサポートいたします。

泉総合法律事務所は、不倫慰謝料問題には数多くの実績を有しており、依頼人のお力になるべく親身にサポートさせていただきます。柏市、松戸市、我孫子市、流山市、野田市、常磐線・野田線沿線にお住まい、お勤めの方は、是非一度泉総合法律事務所柏支店の弁護士にご相談ください

無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ