法人破産 [事例8]

2億2500万円の会社名義の借金⇒破産申立により全額免除されて0円に

製造業
債務整理方法借金総額
会社破産 2億2500万円 ⇒ 0円

背景

機械部品の製造業を営んでいる会社の代表者であるAさんは、不景気のあおりで売上が激減する場面に何度も直面しましたが、不断の経営努力で何とかその危機を乗り越えてきました。
しかし、そんな中、4000万円ほどの未回収の売掛金を抱えていた大口の取引先が会社更生の申立をすることになりました。結果、Aさんの会社の経営状況は一気に悪化してしまい、取引先への買掛金支払いや従業員の給料支払いが滞る状態に陥ってしまいました。
「この先、一体どうしたら良いのだろうか」と将来に強い不安を覚えたAさんは、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

ご依頼後、所有していた不動産の売却を進め、売却益を散逸しないよう努めました。また、従業員への未払い給与については、立替払制度の適用を受けることで、一部ではありますが救済を図ることができました。
申立後においても、管財人からのヒアリングに対してAさんは真摯に向き合い、さらには会社名義の資産売却に関する管財人からの指示に対しても迅速に対応しました。

結果

Aさんの努力の甲斐もあって、手続はスムーズに進み、無事に終わりました。結果、会社名義の借金2億2500万円が0円になりました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-201-820 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-201-820
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ